豊富な丼モノが魅力的な田町の丼物屋 平さんのお店

豊富な丼モノが魅力的な田町の丼物屋 平さんのお店

平さんのお店

男飯の代表といえば丼モノ。
かつ丼のようながっつりしたものから、そぼろ丼のようなあっさりしたものまで、幅広いバリエーションが魅力です。

田町という街はチェーン店を除くと、意外なほどに丼モノを提供しているお店が少ないです。
親子丼とかは多いのに、それ以外の丼はなかなかないという。
今回の平さんのお店は、田町三田エリアで貴重な丼モノを提供しています。

今回いただいたのはこのお店の看板メニューである生姜焼き丼(930円)。

なんといってもそのボリューム。
大手牛丼チェーンの特盛くらいのご飯の量に、甘辛い玉ねぎとお肉がたっぷりと乗っていて、一口食べると焦がした生姜の香りが口の中に広がります。
少し口当たりが単調になってきたと感じたら、付け合わせの味噌汁と漬物、それからサラダで整えると、また美味しくいただけるようになります。

個人的には玉ねぎの多さが気に入っています。
ちゃんと火が通っていて、けれどもヘタれておらず、お肉やご飯と絡めて食べると、シャキッとした歯ごたえがあります。
正直お肉だけの量では、ドカ食い系にしてはあまり多くない方かもしれません。
味もすごく美味しいというわけではないのですが、ボリュームを考えると値段相応感な気はします。

ホール1人、キッチン1人の小さなお店なので、混んでいると少し品出しが遅れます。
今日はあまり時間がなく、生姜焼き丼が一番早く出てくるメニューだったのでこれにしましたが、もう少し別の食べたことのない丼にしても良かったかなー、とか思ったり。