田町一小さな中華料理屋 四川亭

田町一小さな中華料理屋 四川亭

身の丈経営に好感が持てます。

カウンター8席の小さな中華料理屋さん。お昼時は近隣のサラリーマンがひっきりなしに訪れ、ランチタイムを楽しんでいます。

椅子と椅子の感覚がかなり狭く、風通しもあまりないため、冬は寒く、夏はかなり暑そう。訪れるならこの時期ですかね。

目の前すぐが厨房で、親父さんが1人料理を作っています。女将さんは主に注文受けたり食器下げたりで、うまく役割分担されている印象。

女将さんめちゃくちゃハキハキした話し方するので、居るだけで結構元気になれますね。親父さんは完全にいぶし銀。うん、こういうお店好きです。

店名の辛さ勝ち

初訪問の中華なので、安定の麻婆豆腐(820円)を選択。これがなきゃ始まりません。

注文後に目の前で麻婆豆腐作ってくれるので、冷凍とか作り置きの品を出される心配なし。

早速出来上がった品を頂くことに。店名からはなんとなく山椒が効いた激辛麻婆を想像していたのですが、食べてみると案外普通。

料理作ってる時から薄々気づいていましたけど、思いのほか辛くなくてちょっと残念。ただ、味はしっかりしています。

スープは酸辛風味だけど、ツンとくるようなものではなく、ほどほどな加減。酸っぱすぎるのは苦手なのでありがたい。付け合わせの野菜もピリ辛風味のもので、全体的には悪くない印象。

ただやっぱり辛さへの期待値が高かっただけに、ちょっと残念。まぁ、次来るときは辛めで、とお願いしてみよう。