古民家でバル! 田町で抜群の組み合わせ ビストロ&スペイン古民家バル chab

古民家でバル! 田町で抜群の組み合わせ ビストロ&スペイン古民家バル chab

路地裏でひっそりと

ビストロ&スペイン古民家バル chab

古民家という響きに弱い人です。なんかずるいですよね、このワード。文字通り受け取れば単なる古い人の家なのに、こみんか、って響きになると途端に何か特別なものに感じられるというか。

その古民家に加えてスペインにビストロにバルとか反則ものなキーワードを組み合わせたお店がこちらのchabになります。

田町駅から徒歩5分。慶応仲通り商店街の路地裏のさらにその一番奥の方で、とてもひっそりと営業されています。

外観はまさしく古民家で、お店の入り口付近には小さなテラス席と思しきスペースがあります。暖かい日にはそこでランチを楽しむこともできそうです

店内に入るとまずキッチンオープンなカウンターがあり、次いで2階への階段と、テーブル席の姿が目に映ります。いつものごとくカウンター席へ。椅子がやや高めで若干座りにくいですが、まぁ許容範囲内です。

結構待ちます、1人でも

何を食べるか悩んだのですが、無難に日替わりの小エビとブロッコリーのパスタ(850円)にすることに。

パスタは細くもちもちなタイプで、きしめんに近い食感。小エビは噛むとパリッとした歯ごたえで、麺が細い分よく合う組み合わせだと思いました。
スープはオニオンとコンソメベース、少しコーンの風味があります。サラダは取り立ててコメントするものもなく、普通という感じ。

全体的にややボリュームが足りないかもしれませんね。ただ、食後にコーヒーが出るので、それ込みでこの値段ならまぁ割とあり、かな。

12時15分ごろになっても客足は途絶えず、常に人でいっぱいです。ただ、全て1人で調理している都合もあり、注文してから出てくるまでにかなりの時間がかかります。急いでいる人は要注意です。