田町にあるオープンカウンターの串揚げ屋 串揚げぴん

田町にあるオープンカウンターの串揚げ屋 串揚げぴん

看板が可愛いお店

串揚げ ぴん

2015年頃にオープンした比較的新しいお店。田町駅から徒歩6分ほど、慶応仲通り商店街から一本隣の路地で営業されています。

外観は和風な居酒屋そのもの。木の引き戸と白い提灯が目印。扉の上に飾られたお店の看板は、茄子やレンコンのシルエットがサークル状に配置されており、居酒屋とは思えないほど(失礼)可愛いです。

入店するとまずオープンキッチンのL字型カウンターが10席弱あり、こちらの席ではどうやら目の前で揚げ物を上げてくれるそうです。店の奥の方に階段があり、そこから2階席、3階席とあるようです。結構広い。まぁ、1人なので安定のカウンター席なんですけどね。

ランチは揚げ物一本勝負

本当は串揚げが食べたかったのですが、どうやらランチメニューにはないようなので、特大エビ3本定食(1000円)を注文。

しばらくして頼んだ品がやってきました。言うだけあってたしかにエビはとても大きく、その下に山盛りに積まれた千切りキャベツが小さく見えるほどです。

エビは非常にプリプリとした食感をしており、歯ごたえがあります。ただ、少し衣が多過ぎるかな、という印象。食べてみるとわかるのですが、衣が結構分厚く、エビの食感にたどり着く前にジャリジャリと口の中に衣が広がってしまい、食べ終わった後もやや油っぽさが口に残ります。揚げ方の問題かもしれませんが、そこが少し気になりました。

エビの他はご飯と味噌汁だけで、ご飯はおかわり自由とありましたが必要ないくらいのボリュームで最初から出てきます。揚げ物と合わせて、がっつり食べたい人にはいいのかもしれません。

カウンター席だと目の前で調理してくれるので有難いのですが、本当に目の前だとちょっと油が跳ねて来るので気をつける必要があります。その辺は店員さんも気づいてほしいところ。(水の上に細かい跳ねた油が浮かぶことに。。。)。もうちょっと目の前の席だけは仕切りを高くしてもいいのかもですね。