昔ながらの田町の定食屋 和子

昔ながらの田町の定食屋 和子

よく見れば2階は雀荘!?

和子

田町駅から徒歩8分。三田駅からなら徒歩4分ほど。
ちょっど慶応仲通り商店街の入り口入ってすぐの路地を曲がったところでひっそりと営業されています。以前当ブログでも紹介したBLACK POTのすぐ向かいですね。会社から非常に近い割に、まだ食べたことのないお店です。

見た目は昔ながらの定食屋さん。よく見ると、2階にも同じお店の名前があり、そちらは雀荘のようです。ランチメニューは外に書き出されており、焼肉定食や唐揚げ定食など定番のものが並んでいます。いずれも値段は1000円弱と、ラインナップから価格帯までとにかくわかりやすい定食屋さんです。

この日はあんまり時間がなく、特に並んでもいなさそうなので、さっそく入ってみることにしました。店内はテーブル席、掘りごたつ席、カウンター席の3種類。1人なのでカウンター席に案内されました。

総じていわゆる家庭の味。

焼肉定食(850円)を注文。

定食は、焼肉とキャベツの千切り、それから小鉢がひじき、たくあん、ポテトサラダの3種、そして白米とお味噌汁です。なかなかボリューミーな感じですが、案外食べ終わってみるとそうでもなかったので、量のバランス取れていますね。

お肉はいわゆる家庭の味というやつ。個人的にはもうちょっとタレ濃い目が好みです。そのほうが千切りキャベツとの相性がいいので。小鉢のひじきやポテトサラダも似たような感じです。悪いとは言わないのですが、たいてい自宅で夕食を取っている自分にとって、お昼にわざわざお店で食べたいかと言われると、うーん。一人暮らしで自炊しない人とか、しばらく事情で自炊できなかった人向けのお店ですかね。

12時過ぎるとお客さんが結構ばばーって入りだして一気に満席になったので、できるだけ早めにいくか、第一陣のお客さんがいなくなった頃を狙うのが良いかもしれません。