田町で気軽な沖縄料理が楽しめるお店 島バナナ

田町で気軽な沖縄料理が楽しめるお店 島バナナ

これは沖縄料理ですか? いいえ、テクス・ミクスです。

島バナナ

高校時代の修学旅行先は沖縄でした。農作業のお手伝いしたり、部屋を抜け出して友達と遊んでたのがバレて先生に怒られたり、いい思い出(?)です。

なんとなく沖縄料理というか、一風変わった料理が食べたいなーと思って、こちらの島バナナさんへやってきました。意外でもなんでもありませんが、田町は飲食店が多い街なので、探せば割とすぐに各国、各地域のお店が出てきます。割とそこは嬉しいところ。先日食べた瓦そばも山口の郷土料理ですね。

田町駅から徒歩4分、慶応仲通り商店街の裏路地で営業されています。ややわかりにくい場所にありますが、近くまで行くと独特な雰囲気があるので、すぐわかるかと思います。

しかし、なんでしょうね、この雰囲気。単なる沖縄、という感じではなく、アメリカンテイストが混ざった感じで、なんとなく不思議な印象を覚えます。

※と思って、後日調べてみたらなんとこういう料理ジャンルがあるのだとか! なにこのハイブリッド感満載なジャンル。

一般的に、沖縄料理といえば「チャンプルー」に代表される郷土料理を思い浮かべます。しかし、沖縄には、もうひとつ代表的な料理があります。それが、メキシコ風のアメリカ料理「テクス・メクス」。沖縄で文化交流が活発になった1960年以降から広まり、現在では、現地で主流のひとつにまで成熟した、沖縄風の「テクス・メクス」を食べられるのが【島バナナ】 です。

食べログ お店のPR欄より

特製タコライス(800円)

いろいろ悩んだ末にタコライスを注文。前振りのテクス・メクスとはなんだったのか()

座席指定型料金前払い方式のお支払いです。どういうことかというと、1階のレジで注文を行なった後、先に会計を行い、番号札をもらいます。店内の机にはそれぞれ番号が振られており、もらった番号札に書かれてある数字の席に着席するというものです。結構厳密ルールです。

番号札に書かれていたのは2階の席だったので、とりあえず2階へ。1階は15人も入らないくらいでしたが、2階は20人くらいは入れる感じでした。余計な柱とかなく前席が見渡せるので、ワンフロア貸切の飲み会とかで使うのはありかもしれません。

しばらくして、タコライスが運ばれてきました。見た目の盛り付けはちょっとあれですが、味の方はなかなか美味しいです。レタスもシャキシャキしていて、歯ごたえ良く、とてもマッチしています。店員さんから聞いたのですが、これはどうやら店長の奥さんが作った特製の味なのだとか。あえてリクエスト出すなら半熟卵のトッピングつけてくれないかなーということ。なんとなく欲しくなりました。

ご飯大盛り無料です。見た目は結構ボリューミーですが、食べると案外程よい量なので、ご注文される方は要注意。

付け合わせの小さなスープカップにはソーキそばが入っています。本当にミニサイズですが、こちらもなかなか美味しいので嬉しいですね。変に適当なスープ出すよりよっぽどいいと思います。

ちなみに本当に偶然ですが、今日から食後のサーターアンダギーサービスを始めたようで、こちらも美味しくいただきました。結構好きなんですよ、サーターアンダギー。

デザートサービスや接客含め、とても満足いくランチでした。次は普通にソーキそばを頼もうかな。店内看板にあった300g1000円のステーキも気になる。悩ましい。