三田の名前を冠したつけ麺屋さん 三田製麺所 三田本店

三田の名前を冠したつけ麺屋さん 三田製麺所 三田本店
三田製麺所 三田本店
つけ麺を初めて食べたのは関東に来てから。
大学の頃に上京し、先輩に連れられてつけ麺屋さんに行ったのが、確か初回だったと思います。
関西にはあまりつけ麺の文化がなかった(単に自分が無知で知らなかっただけ)ので、初めてみたときは、なぜ冷たい麺を熱い汁に入れて食べるのか理解に苦しみましたね。あの温度差に潜む食べ心地の良さに気づく頃には、すっかりつけ麺に毒されていました。
前置きが長くなりました。
またまた今日も慶応仲通り商店街にあるお店です。事情があり手早く食べたかったので、こちらのお店をチョイス。田町・三田界隈ででつけ麺の有名店といえば、もうほとんどの人がこちらのお店を上げるんじゃないでしょうか。それくらいわかりやすく有名なお店です。その割にランチ時間は早めに来ればあまり並ぶことも待つこともせずにランチにありつけるので、重宝しています。回転率が高い店はこういうところがいいですよね。
頼んだのはつけ麺(中)の卵ランチセット(850円)。
つけ麺の量は(特大)以外確か値段変わらなかったので、そこはお好みで調整して下さい。
割とありがたい。量調整できるのは助かってます。
麺が熱い状態の熱盛りを頼むこともできますが、胃袋がだったらラーメン食べろよと言ってくるので、個人的には冷盛り一択。
注文して割とすぐにどんぶりいっぱいの麺と熱々のスープが運ばれて来ます。この温度の対比がたまらんですね。
麺はスープが絡みやすい太麺。ツヤツヤというよりは少しマットな感じです。麺を少し箸に取り、魚介の風味が効いた熱々ドロドロのスープへ投入。そして素早く麺を引き上げてそのまま口に運び、ずずずずっと食べ流します。音を立てるのはマナーでジャスティス。うるさくいう人はフレンチレストランにどうぞ。
やっぱりあれですね、この店が一番麺の硬さとスープのドロドロさのバランスが取れています。やや味が濃いなーカロリー大丈夫かなーと思う時もありますが、まぁマクドナルドに健康を求めるのと同じくらい無駄な議論ですね。

12時前は意外と空いているのですが、12時越えると大量のサラリーマンが駆け込んで来て行列になるので、食べたい人はお早めに。

下手なラーメン食べるよりこの店を訪問した方が美味しい麺かいただけます。